予約システム「リザベーション・エンジン」がバージョンアップ ~企業や店舗の経営と業務を効率化する『予約台帳機能』を追加して7月19日より提供開始~

株式会社インタークエストの予約システム「リザベーション・エンジン」がバージョンアップしました。

予約システム「リザベーション・エンジン」がバージョンアップ ~企業や店舗の経営と業務を効率化する『予約台帳機能』を追加して7月19日より提供開始~

株式会社インタークエスト(所在地:大阪市中央区、代表取締役:岩松 教雄、以下インタークエスト)は、予約システム「リザベーション・エンジン」に新機能「予約台帳機能」を追加するなどのバージョンアップを実施、7月19日(水)より提供開始しました。
これにより、予約データの視認性と操作性を向上させ、企業や店舗の経営効率化を実現するのとともに、予約システムの運用にかかる人手や時間を大幅に削減することが可能になりました。

引用:https://re.iqnet.co.jp/news/news20170719.html

バージョンアップの目玉となる新機能として『予約台帳機能』が追加され、予約状況が一目でわかり、予約の代行登録や変更・キャンセル処理が予約台帳画面ですべて行えるようになっています。

これによって、

  • 予約状況のリアルタイム把握により、企業や店舗の経営効率、マネジメントを最適化
  • 予約操作(オペレーション)の時間を最大50%短縮。運用効率化を実現
  • 紙や表計算ソフトに慣れた人でも直感的に操作可能。初期導入が容易に

といったメリットが得られるようになります。

これ以外にも、

  • 法改正にともなうセキュリティ強化対策としてクレジットカード決済機能を強化
  • 公開画面、管理画面の操作性改善や設定方法の見直し

といった点がバージョンアップされています。

関連記事:予約システムでも注意!2018年3月までにクレジットカード決済のセキュリティ対策が必要です

今後も『予約の窓』でご紹介するノウハウやトレンドを参考に、役に立つ予約システムの開発、提供をおこなっていきますので、ぜひご期待ください。