予約システムを徹底比較!-プロが教える導入前に必ず知っておきたいポイント- 4/5(全5回)

第2回で業種、第3回で予約タイプについて説明しましたが、第4回では機能について知っておいていただきたいことを説明します。

オンラインデモや無料お試しを活用して基本機能を確認する

汎用的な多業種対応型の予約システムには、ユーザー機能(フロント機能)と管理機能があります。

ユーザー機能というのは、予約する人が実際にカレンダー画面から予約したい日付やモノを選んで予約をおこなう機能です。

管理機能は、運営者が予約枠の設定をおこなったり、予約データの管理や予約した人の管理をおこなうための機能が提供されます。

一般的な予約管理業務をおこなうためには、予約管理機能として、予約枠の設定とそれが反映された予約画面が提供され、予約データを確認できる画面が提供されていることが最低限必要になりますが、サービスとして提供されている予約システムであれば、この点は心配なく機能提供されているはずです。

ほとんどのベンダーからオンラインデモ無料お試しが提供されていますので、まずは基本的な操作感や設定方法を確認していきましょう。

予約システムの機能比較に便利なチェックシートを活用する

次は自分のビジネスの運用に合わせて必要な機能の有無を確認していくことになります。

汎用的な予約システムの機能を比較するときに特に注意すべきポイントをチェックシート形式でまとめました。

注意すべきポイントをまとめたチェックシート

予約管理機能

☑自分のビジネスに合った予約タイプが設定できるか(提供されるか)

☑予約データはどのように表示、管理できるか

☑予約フォームの入力項目は柔軟に変更できるか

☑予約制限(回数など)はどこまで設定できるか

☑予約データの入出力(インポート・エクスポート)ができるか

☑キャンセル機能はあるか(どういった手順のキャンセルになるか)

☑オプション管理はできるか(在庫も管理できるか)

☑キャンセル待ち機能はあるか(仕様はどうなっているか)

☑リマインダーメール(予約忘れお知らせメール)機能はあるか

顧客管理機能

☑会員登録あり、なしの選択(設定)ができるか

☑会員データはどのように表示、管理できるか

☑会員登録フォームの入力項目は柔軟に変更できるか

☑マイページやパスワードリマインダー機能はあるか

☑会員データの入出力(インポート・エクスポート)ができるか

メール配信機能

☑メール配信機能はあるか(検索、抽出して配信ができるか)

☑携帯キャリア対策されているか

☑各種自動送信メール(予約確認メール、リマインダーメールなど)の文章設定ができるか

☑エラーメールの管理はできるか(配信結果の確認と停止など)

CMS機能

☑予約画面の文言や画像の編集がどこまでできるか

その他

☑事前決済(クレジットカード決済)は使えるか

☑セキュリティ対策は何がおこなわれているか

☑既存のホームページへの組み込みは可能か(iframeなど)

☑モバイル端末に対応しているか(スマートフォン、タブレット)

☑どの程度の負荷に耐えられるか(拡張性はあるか)

☑カスタマイズ要望に対応できるか

面倒でも使いたい機能の説明を聞きましょう

それぞれの機能の詳細については、面倒でもひとつひとつ提供ベンダーに問い合わせて説明を受けたほうが無難です。

予約システムは、その特性上どうしても複雑になりがちで、仕様も提供ベンダーによって異なります。

自分のビジネスの運用に合っているかどうかは資料やホームページの説明文からだけでは読み取れないことが多いので注意してください。

使い勝手は提供ベンダーの考え方やノウハウによって異なりますので、無料お試しやオンラインデモが提供されている場合は、積極的に活用して自分に合うものを探してみてください。


あわせて読みたい記事

予約システムを徹底比較!-プロが教える導入前に必ず知っておきたいポイント- 1/5

予約システムを徹底比較!-プロが教える導入前に必ず知っておきたいポイント- 2/5

予約システムを徹底比較!-プロが教える導入前に必ず知っておきたいポイント- 3/5

予約システムを徹底比較!-プロが教える導入前に必ず知っておきたいポイント- 4/5

予約システムを徹底比較!-プロが教える導入前に必ず知っておきたいポイント- 5/5